【分かりやすい】アルミ鋳物について知識を深めよう|Acrylic Plate
HOME>トピックス>【分かりやすい】アルミ鋳物について知識を深めよう

どこで使われているのか

アルミ鋳物は、アルミニウムを溶かし型に流しこむという手順で作る製品をいいます。アルミ鋳物は様々な場面で使用されており、私たちの日常生活を支えていますよね。アルミ鋳物について詳しく知るために、まずはアルミ鋳物がどのようなところで使われているのか確認しましょう。使用例をわかりやすくまとめました。

アルミ鋳物の使用例

  • 門扉
  • 面格子
  • カーテンウォール
  • エンジンの部品
  • バイクのマフラーパーツ
  • フェンス
  • ベランダの手すり
アルミ

作り方は作る数で異なる

アルミ鋳物とは、溶かしたアルミニウムを鋳型に流し込んで作られた製品です。溶けたアルミニウムを流すという工程があることで細かい模様や形にすることが可能になります。アルミ鋳物は機械や医療機器の部品、バイクのパーツ、車のエンジン部品やタイヤのアルミホイールなど生活の場にある身近なものになっています。アルミ鋳物は、複雑で精密さを必要とするようなものでも割と簡単に加工することができて経済的だと言われています。また、出来上がったものはとても軽いため、軽量化が望まれる自動車部品などの需要もあるそうです。また、アルミ鋳物の作り方には型を砂で作る鋳造と鉄で作る金型鋳造、高い圧力をかけて鋳造するダイカスト鋳造がありますが、どの方法で作るかは必要とされる個数できまります。

リサイクル性もある

アルミ鋳物はなんといっても軽いことで知られており、その比重は鉄や銅などと比べると3分の1だそうです。そのためつぶすことも簡単にできるので再利用も簡単だと言われているので、リサイクル可能の製品が多くあります。加工性に富んでいることから作ることができる形は様々で、かなり複雑な形でも可能です。また、磁石の影響を受けにくい非磁性という性質なので、電子機器に適しています。さらに、温度が低くてももろくはならず熱や電気は通しやすい性質もあります。